特殊な塗り壁材

ユニットバスの据え付け工事とベランダの防水工事を行いました。

その後、外部の透湿防水シートを貼り終えてから外部の下地段階で、雨漏りの原因がないようにJIOによる外装下地検査を行いました。
透湿防水シートを貼ることで、万が一外装仕上げの裏側に 水が入っても室内への侵入を防ぐことができます。
検査は無事合格でした。

その上から外張り断熱材を貼っていき、その断熱材の上から直接外壁の下塗りを行いました。
通常ですとラスと呼ばれる金網を張ってその上から塗っていくのですが、 この断熱材と専用塗り壁材の組合せで施工する場合、 ラス張りを省略することができます。

特にこの塗り壁材は特殊な素材で水は通しませんが、 湿気は通すという性質を持っています。
その為、壁の中に発生する湿気を建物の外に通すことで 壁の中での結露を防ぎます。
当然、断熱材や仕上げの漆喰も湿気は通さないといけません。
このようにいろいろな素材の中から性質を理解した上で、 組合せを考えていく必要があります。
それが難しいですが、面白いことでもあります。
ですので、これからもより良いものを探求し続けたいと思います。